ベアゲルター フィギュア製作 その5

 

www.yabunira.xyz

 

何となく「グリーンスタッフワールド リベット製作ゴムパッド」というのを購入してしまった。

戦車とか戦闘機などを作るわけでもないのに...

 

とりあえずポリパテでやってみる。

f:id:guiro16:20190125031059j:image

大量の細かいピンクのゴミ。

f:id:guiro16:20190125031427j:image

アップ。

f:id:guiro16:20190125031448j:image

シリコンバリアーを塗りたくってからやったのだが、パテが取りきれず汚くなってしまったので、ポリパテじゃない方が良いみたいだ。

 

エポキシパテでやってみる。

f:id:guiro16:20190125031653j:image

明らかにこっちのほうがきれい。

なので、六角の尖ってる人をエポキシで大量に作り、試しに台座にくっつけてみることにする。

f:id:guiro16:20190125032253j:image

中々ハードな感じ。

 

次にハット。

おそらく素材的には、フェルトかラビットファーなので、多少毛羽立った感じが欲しい。

ので、磨いた上から少し緩くしたポリパテを綿棒とかスポンジで軽く擦り付けてみる。

f:id:guiro16:20190125033159j:image

毛羽立ってるというか、ただ単にザラついているというか。

他のやり方も思いつかないので、このままでいく。

 

細かいところに手を入れていく。

手の指の爪を彫る。

f:id:guiro16:20190125033624j:image

 

髪。

f:id:guiro16:20190125123823j:image

顔を少し修正後、組み立て。

f:id:guiro16:20190125130025j:image

 

さて、ここからレジン置換の嫌な作業が始まる。

 

粘土埋め。

こいつが大変なのだが複製の肝なので、いい加減少しはまともに出来るようになりたい。

ので、休みの日を丸々使って作業。

f:id:guiro16:20190128191250j:image

ものすごく時間がかかった割に、いまいち上手くいった感がない。

 

シリコーン流し。

f:id:guiro16:20190128192234j:image

固まるのに時間がかかるのも面倒だ。

 

...続く