『バイオレンスアクション』のみちたかくんに学ぶ男の生き方

『バイオレンスアクション』という漫画がある。

 f:id:guiro16:20180517165414j:plain

各種漫画賞で、軒並み上位に入っている人気作なので読んでる人は多いだろう。

 

ふわふわした感じのかわい子ちゃんが凄腕の殺し屋という設定。

日常と人殺しの線引きが曖昧で、簿記の勉強と人殺しが同一線上にある、ある意味狂ってる女の子の話。

 

主人公のケイちゃんを始め、狂った人ばかり出てくるのだが、その中に「みちたかくん」という一際危ないおじさんがいる。

 

この漫画を好んで読んでる人は、大抵みちたかくん好きだと思われるが、例にもれず私も大好きなのだ。

 

f:id:guiro16:20180517200305j:plain

どうだろう、この出で立ち。

ウエスタンブーツを履いたゴーストバスターズみたいな。

 

みちたかくんはヤクザなのだが、ルールを大切にしていて(自分の中の勝手なルールだが)、破った奴は半殺しもしくは鬼殺しする。

f:id:guiro16:20180517221240j:plain

 

そして、かなりのタフネス。

f:id:guiro16:20180518162543j:image

メガネの形からもワイルドさがわかるだろう。

ティアドロップ、なんともスタローン的。

 

 

と、かなりバイオレンスな男なのだが、自分のことをみちたかくんと呼ばないと怒るというかわいいところもある。

f:id:guiro16:20180517223350j:image

その結果。

f:id:guiro16:20180517230018j:image

 

 

そして、なんといってもみちたかくんといえば、男尊女卑の王様というか男根至上主義の塊というか、現代社会の常識でいったら最高に下衆なことをバンバン言うのだ。

f:id:guiro16:20180517230534j:imagef:id:guiro16:20180517230606j:image

まず、女性のことは名前ではなく、‘‘女’’としか呼ばない。

 

f:id:guiro16:20180517230859j:image

最低に下衆な思い込みを平気で言い放つ。

 

 

そして私が最高に好きなセリフ(好きといっても私もそう思うということではない)

f:id:guiro16:20180517231126j:image

下衆さもこれくらいなら清々しいのではないかと。

しかも、このセリフ裏を取ってみると、「正当な理由じゃなく女を殴る時は、気分悪いけど仕事だから仕方なくやっている」ということではないか。

意外とまともなのだ。

 

その証拠に、普通こういったタイプは人の言うことなど聞かないし、合ってようが間違っていようが関係無しに力にモノを言わせて押し通すものなのに、みちたかくんは意外とそうでもない。

f:id:guiro16:20180518013758j:image

かつて自分が負けた女の子を助っ人に呼んだところなのだが、心底下に見ている女性でも実力があれば恨みも何も関係無しに認めるということだ。

オレはそういうフェアさを持っているって、自分で言っちゃうところがかわいい。

 

f:id:guiro16:20180518014425j:image

自分の失敗を認めて反省するという器の大きさも持っている。

 

そう、とにかくフェアなのだ。

 

 

男なら誰でも憧れるほどの戦闘力を持つみちたかくんだが、彼以上に常軌を逸している相手には後れをとることもある。

が、

そのままで済ますみちたかくんではない。

彼にはiPodで「なごり雪」を聞くという奥の手があって、そうすると猛烈にパワーアップする。

f:id:guiro16:20180518154545j:image

f:id:guiro16:20180518155008j:image

一度やられた相手でもこの通りで、この後例の「正当な理由で女を殴るのは、最高にスカッとするぜッ」と言い放つ。

 

だが、あまりにパワーを使い過ぎて、まるで『ちはやふる』の千早のように即寝してしまうというかわいさ。

f:id:guiro16:20180518155700j:image

 

 

と、ここまででバイオレンスアクションを読んだことない人にも、みちたかくんの常識を超えた男っぷりを理解していただけたと思う。

 

強く逞しく、ルールを尊び、理不尽で下衆な男根至上主義、それでいてフェアさも持っていて、可愛いげもある。

みちたかくんは、男の生き様とはかくあるべし、というのをみせつけてくれる。

我々現代社会に生きる男も学ぶべきことが多いのではないかと思う。

 

f:id:guiro16:20180518172907j:image

 

まあ、実際こんな人がいたら、絶対に関わり合いたくないけど...